札幌総合病理研究所

疾患モデルの病理組織学的評価

当社研究所で評価(薬効評価)実績のある病態/疾患モデルと
その評価法および参照文献を紹介いたします。

臓器種別に並んでいます。
以下の臓器名をクリックすると
目的の臓器にジャンプします。

腎臓, 肝臓, , 肝臓, 関節, 皮膚, 膵臓(肥満/糖尿病), 筋肉, 神経, 大腸, 脂肪


T. 腎臓

1. 食塩感受性ダールラット (dahl salt-sensitive rats)

評価法参照文献
1) 糸球体硬化指数:GSI (Glomerular Sclerosis Index) Clinical and Experimental Hypertension 2012; 34 (2)99-106.
JASN October 2000, 11 (10) 1826-1836
Hypertension. 2006;47: 1084-1093.
2) 糸球体デスミン免疫染色(Glomerular desmin staining)によるスコア化 Hypertension. 2006;47: 1084-1093.
3) 動脈傷害指数:AIS (Arterial Injury Score) Hypertension 2012; 34 (2) 99-106.
Hypertension Vol 23, No 1 January 1994.
4) 尿細管間質の評価:尿細管間質傷害の面積比(grading0-4) Hypertension. 2006;47: 1084-1093.

2. 自然発症性糖尿病腎症モデルSDT(Spontaneously Diabetic Torii)ラットの評価

評価法参照文献
1) 糸球体硬化指数:GSI (Glomerular Sclerosis Index) Clinical and Experimental Hypertension 2012; 34 (2)99-106.
JASN October 2000, 11 (10) 1826-1836.
Hypertension. 2006;47: 1084-1093.
2) デスミン免疫染色(Glomerular desmin staining)による画像解析 J Endocrinol. 2014 Jul;222(1):43-51.

3. ループス腎炎モデル (NZB×F1、MRL/lprマウス)

評価法参照文献
1) 糸球体炎スコア:GN score (glomerulonephritis score) Arthritis Research & Therapy (2017) 19:211.
2) 尿細管の評価:尿細管傷害所見 (grading0-4)
3) 糸球体のIgGおよびC3免疫染色による評価 The Journal of Immunology, 2013, 191:4540-4550.

4. PAN アドリアマイシン誘発モデル

評価法参照文献
1) 糸球体傷害所見 (grading0-4)
2) 尿細管間質傷害所見 (grading0-4)
3) 血管傷害所見 (grading0-4) J Am Soc Nephrol 14: 2833-2842, 2003.

5. ラット5/6腎臓摘出モデル

評価法参照文献
1) 糸球体傷害所見 (grading0-4)
2) 尿細管間質傷害所見 (grading0-4) J Am Soc Nephrol 14: 2833-2842, 2003.

6. 高血圧自然発症ラット(SHR:spontaneously hypertension rat strain)、脳卒中ラット(SHRSP:Stroke-prone spontaneously hypertension rat strain) の評価

評価法参照文献
1) 糸球体傷害所見 (grading0-4)
2) 尿細管間質傷害所見 (grading0-4)
3) 血管傷害所見 (grading0-4) J Am Soc Nephrol 14: 2833-2842, 2003.
4) 糸球体硬化指数:GSI (Glomerular Sclerosis Index) Clinical and Experimental Hypertension 2012; 34 (2)99-106.
JASN October 2000, 11 (10) 1826-1836.
Hypertension. 2006;47: 1084-1093.
5) 糸球体デスミン免疫染色(Glomerular desmin staining)によるスコア化 Hypertension. 2006;47: 1084-1093.
6)動脈傷害指数:AIS (Arterial Injury Score) Hypertension 2012; 34 (2) 99-106.
Hypertension Vol 23, No 1 January 1994.
7) 尿細管間質の評価:尿細管間質傷害の面積比(grading0-4) Hypertension. 2006;47: 1084-1093.

U. 肝臓

7. NASHモデル/コリンメチオニン欠損モデル

評価法参照文献
1) NAS (NAFLD activity score)
 HE染色を用いて以下に示す基準(脂肪化、小葉内炎症、ballooning)によりスコア化し、その合計を算出する(最高8点)。

Score脂肪化小葉内炎症Ballooning(風船細胞)
score 0:<5%なしなし
score 1:5%〜33%<2ヵ所少数
score 2:33%〜66%2〜4ヵ所多数
score 3:>66%>4ヵ所
2) NASH 線維化staging
 アザン染色など用いて以下の基準により、線維化の進展をステージ分類する。
 stage 0: 線維化なし
 stage 1: 小葉中心部の線維化
 stage 2: 小葉中心部の線維化+門脈域の線維化
 stage 3: bridging fibrosis
 stage 4: 肝硬変
Int J Exp Pathol.
2016 Feb;97(1):
75-85

8. NASH・NAFLD/SHRSP5高コレステロール高脂肪食

評価法参照文献
1) NAS (NAFLD activity score)
2) NASH 線維化staging Int J Exp Pathol.
2016 Feb;97(1):
75-85

V. 肺

9. マウスブレオマイシン線維化モデル

評価法参照文献
T.Ashcroftらの方法(J Clin Pathol 1988;41:467-470)に基づいた0点〜8点のスコアによる評価 Multidisciplinary Respiratory Medicine (2017) 12:8

10. インフルエンザウイルス

評価法参照文献
全体的な所見を急性肺炎で代表し、各所見の詳細をgrading0-4で示す Influenza Other Respir Viruses. 2013 Nov;7(6):945-53

11. シリカ誘発結節性肉芽腫モデル

評価法参照文献
結節性肉芽腫、肺胞壁の肥厚、リンパ球集簇について所見の強さに基づいたgrading0-4の評価 Scientific Reports 6:30921

12. 肺気腫/COPDモデル(タバコ、エラスターゼ、LPS)

評価法参照文献
コンピュター画面上で直行する線分と肺胞壁の交点から、肺胞径を100ヵ所測定し、平均肺胞径(MLI:mean linear intercepts)を測定する

W. 関節(RA&OA)

13. マウスコラーゲン関節炎モデル(脛骨/大腿骨)

評価法参照文献
骨破壊、軟骨消失(染色性の低下)、滑膜肥厚(多層化)、炎症性細胞浸潤についてgrading0-4の評価 J Exp Pathol (Oxford). 1990 Feb; 71(1): 19-31

14. STR/ORTマウス(リウマチモデル、脛骨/大腿骨)

評価法参照文献
骨破壊、軟骨消失(染色性の低下)、滑膜肥厚(多層化)、炎症性細胞浸潤についてgrading0-4の評価 J Exp Pathol (Oxford). 1990 Feb; 71(1): 19-31

15. マウスコラーゲン誘発関節炎モデル(後肢)

評価法参照文献
骨破壊、軟骨消失(染色性の低下)、滑膜肥厚(多層化)、炎症性細胞浸潤についてgrading0-4の評価 J Exp Pathol (Oxford). 1990 Feb; 71(1): 19-31
ARTHRITIS & RHEUMATISM Vol. 52, No. 1, January 2005, pp 322-332

16. マウスIL-1raKO(後肢)

評価法参照文献
骨破壊、軟骨破壊、滑膜肥厚、炎症性細胞浸潤についてgrading0-4の評価 J Exp Pathol (Oxford). 1990 Feb; 71(1): 19-31
ARTHRITIS & RHEUMATISM Vol. 52, No. 1, January 2005, pp 322-332

17. ラットMIA(モノヨード酢酸)誘発変形性関節炎モデル

評価法参照文献
関節軟骨の消失やサフラニン染色性の低下など7項目のgrading0-3でスコア化 J. Vet. Med. Sci. 65, 11 2003

18. ラット半月板切除モデルの評価

評価法参照文献
傷害の深さ(タイドマーク基準)×範囲+骨棘の高さによるスコア化 2002 Janusz Osteoarthritis and Cartilage

19. ハートレイ系モルモット自然発症OAモデル

評価法参照文献
OARSIによる評価。関節傷害のグレードを0-8に分類 Osteo Arthritis and Cartilage (2006) 14, 13e29

V. 皮膚

20. マウス強皮症(Tight-skin/+)モデル

評価法参照文献
表皮、真皮、食道粘膜などの肥厚、線維化および炎症などの所見grading0-4の評価 J. Clin. Invest.109:1453-1462 (2002).

21. ダニ誘発アトピー性皮膚炎モデル(NC/Nga)

評価法参照文献
好酸球を中心とした炎症性細胞浸潤の所見などgrading0-4の評価、各細胞数カウント
CD3免疫染色の評価grading0-4の評価

Y. 膵臓(肥満/糖尿病)

22. ZDF(Zucker diabetic fatty)、GK(Goto-kakizaki)ラット

評価法参照文献
インシュリン、グルカゴン、ソマトスタチン免疫染色による画像解析とgrading0-4の評価

23.ob/ob, db/db, KK-Ayマウス

評価法参照文献
インシュリン、グルカゴン、ソマトスタチン免疫染色による画像解析とgrading0-4の評価

Z. 筋肉

24. キンジストロフィー(Mdx)マウス

評価法参照文献
中心核(筋再生)、 細胞浸潤、筋壊死所見のgrading0-4の評価

25. ラット/ウサギ半月板損傷モデル Meniscus Defect model

評価法参照文献
再生組織のサフラニン陽性領域とCollagenU陽性領域のgrading0-4の評価 STEM CELLS 2015;33:1927-1938

[. 神経

26. アルツハイマー型認知症モデル:Tg2576(APPSWE)マウス

評価法参照文献
Aβ(アミロイドβ)のcore plaqueのカウント。抗Aβの免疫染色による画像解析

\. 大腸

27. 炎症性腸疾患モデル:デキストラン硫酸(DSS)誘導マウス腸炎モデル

評価法参照文献
炎症の強さ、傷害の深さ、陰窩のダメージをgrading0-3の評価
マクロファージ免疫染色(F4/80)grading0-3の評価あるいは画像解析
J Immunol. 2012; 188: 6309-18

28. 炎症性腸疾患モデル:カラゲニン誘導ウサギ腸炎モデル

評価法参照文献
粘膜固有層、粘膜下組織、筋層への細胞浸潤および陰窩膿瘍grading0-4の評価

]. 脂肪

29.マウス精巣上体周囲の脂肪細胞の半径および面積の測定

評価法参照文献
Nikon NIS-ElementD3.2*を用い、隣接する20個の脂肪細胞の半径および面積を計測し、その平均値を各個体について算出

ページ上部へ


疾患モデル/病態モデルの病理組織学的評価(薬効病理評価)について、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ電話番号:011-563-6215
病理組織検査担当:内海博之, 竹内雅也



<札幌総合病理研究所 −受託業務一覧−>
病理組織標本作製 HE染色標本作製
  特殊染色標本作製
  免疫組織化学染色標本作製
病理組織検査 医薬品GLP
  非GLP薬理試験・基礎研究(リサーチ関連)
  疾患モデルの病理組織学的評価
  化学物質GLP(化審法)
免疫組織化学染色  . 抗体一覧表(免疫染色一次抗体)
  免疫染色標本 顕微鏡写真サンプル
   
札幌総合病理研究所
トップページへ
 

Copyright © 2020 SAPPORO GENERAL PATHOLOGY LABORATORY Co.,Ltd.